CASE STUDY
技術提供 実例集

提案 DESIGN

筐体のオール樹脂化

課題

設備の筐体を製作する場合、SPCCフレームをPVCで覆う事で耐薬品性を確保していた。 しかし、輸送、温度変化、溶接技能などの原因でSPCCフレームに薬液が接触し腐食するという問題が発生。

提案ポイント

耐薬品性の無いSPCCの使用が根本的な原因と判断し、厚板PVCを柱(40㎜PVC角材)とした筐体を提案。結果的にフレーム腐食による修理が激減した。 ※写真はイメージです

本社・工場 / 岐阜県安八郡輪之内町楡俣新田199-1 [ アクセスMAP ]
受付時間 月~金 9:00~17:45 / 日祝休